2018年07月

    Egg ★ 2018/08/01(水) 00:08:58.83
    日本代表FW本田圭佑が31日にツイッターを更新。英語で「サッカーのプレーを続ける理由、新たな目標を見つけた。数日中に次のクラブを決める」とつづった。

    本田はパチューカとの契約が満了となり、フリートランスファーとなっている。2018 FIFAワールドカップ ロシアを終え、現役引退の可能性も含めて去就に注目が集まっていたが、新天地がついに決定するようだ。

    なおオーストラリアメディア『SBS』によると、本田はメルボルン・ビクトリーと1年契約を締結する見通しとなっているようだ。年俸は290万ドル(約3億2000万円)で、同クラブが130万ドル、

    残りの160万ドルはオーストラリアサッカー連盟(FFA)と『FOX SPORTS』が支払うことになるという。

    オランダ、ロシア、イタリア、メキシコと海外クラブを渡り歩いてきた本田。次のチャレンジ、その舞台はオーストラリアとなることが有力となったようだ。

    7/31(火) 23:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00803532-soccerk-socc

    写真



    【<本田圭佑>年俸約3億円で豪州移籍と現地報道!クラブが130万ドル、残りはオーストラリア連盟と『FOX SPORTS』が支払う】の続きを読む

    ほニーテール ★ 2018/07/30(月) 18:31:25.69
    森保ジャパンのキーマンに“イケメンストライカー”が浮上した。ドイツ1部マインツからイングランド・プレミアリーグの古豪ニューカッスルに移籍するロシアW杯の日本代表FW武藤嘉紀(26)を、A代表と2020年東京五輪代表を兼任する森保一監督(49)が高く評価。22年カタールW杯に臨むチームづくりの肝となる1トップとして重用する方針という。

     ニューカッスル入りで合意に達した武藤は、メディカルチェックを経て、英国の労働許可証が認められた段階で移籍が正式に決定する運びだ。

     マインツに支払われる移籍金950万ポンド(約14億円)は、日本選手としては元日本代表MF中田英寿氏(41)がローマからパルマに移った際の33億円、ペルージャからローマ(いずれもイタリア)の約18億円、MF香川真司(29)のドルトムント(ドイツ)からマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の約20億円に次ぐ歴代4位の高額移籍となった。

     武藤の欧州市場での評価が表れた形だが、それはクラブに限った話ではない。A代表の森保新監督も武藤の実力を買っているのだ。

     欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「森保監督は武藤のストライカーとしての能力に以前から一目置いている。スピードやフィジカル、ゴールに向かっていく姿勢などを高く評価していて『欧州で決定力を見せられるのは素晴らしい』と話している。目指す戦術にもフィットすると考えているのではないか」と指摘する。

     武藤はドイツでプレーした3年間で毎年安定した成績を残し、昨季公式戦では2桁の10ゴールを記録。日本人FWとしてはポルトガル1部ポルティモネンセの中島翔哉(23)やベルギー1部ヘントの久保裕也(24)も昨季2桁得点をマークしているが、イングランド、スペイン、イタリアとともに“欧州4大リーグ”のドイツで示した高い決定力は世界の舞台で通用すると森保監督は見込んでいるようだ。

     特に自身がJ1広島の指揮官時代にベースとしていた3―6―1の戦術では1トップの人選がポイントになるが、最前線で欧州の猛者たちを相手にゴールを量産した武藤はうってつけの人材。ロシアW杯で活躍したFW大迫勇也(28=ブレーメン)を軽視するわけではないものの、スピードやドリブル能力の高さから2シャドーの位置でも適性があり、森保ジャパンで欠かせない選手となることは間違いない。

     武藤は東京五輪にもオーバーエージ枠での出場に意欲を見せており“イケメンストライカー”が森保兼任監督にとって最も重要なキーマンになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000030-tospoweb-socc


    【新生森保ジャパンは「1トップ武藤」か】の続きを読む

    Egg ★ 2018/07/30(月) 23:09:40.84
    昨季から在籍のFWファンマ、今夏加入のFWハイロ・モリージャスに続き、V・ファーレン長崎が3人目のスペイン人選手獲得に近づいているようだ。

    スペイン紙『アス』は、同国1部のアラベスで構想外となったMFセルヒオ・ジャマスが長崎加入に迫っていると報じた。
    同選手は昨季セグンダB(3部相当)のレアル・ウニオンに期限付き移籍していたが、今季も所属元のアラベスで居場所を勝ち取れず、28日に双方合意のもとでの契約解除が発表されている。

    アラベスの下部組織で育ち、2012/13シーズンにトップチームデビューを果たしたジャマス。同クラブが2部リーグに所属していた2014/15シーズンと、2015/16シーズンはそれぞれリーグ戦14試合、19試合に出場していた。
    しかし、トップリーグ昇格とともに構想から外れると2016/17シーズンは公式戦出場なしに終わった。そして昨季の3部リーグへのレンタルを経て、少年時代から過ごしたクラブを去ることとなった。

    長崎移籍を報じた『アス』紙によれば、ジャマスには昨季中にも日本のクラブから接触があったというが、その時はアラベスが放出を拒んで移籍が実現することはなかったという。
    減俸を受け入れたか、移籍金なしのフリー移籍を選手本人が望まなかった可能性があると伝えられている。

    それでも半年で生え抜きMFのチーム内での立ち位置が大きく変わることはなかった。
    アベラルド監督の構想から外れ、1年の契約を残しながら年俸の約半分にあたる10万ユーロ(約1300万円)を受け取ったうえでアラベスとの契約解除を受け入れたとのこと。

    過去にじん帯の負傷による約9ヶ月の離脱を経験したこともあるが、25歳という十分に成長の余地を残した年齢ということもあって、
    より多くのプレー機会を得られる環境に移りたいという本人の意思もアラベスとの契約解除に至った理由のようだ。

    かつてアラベスのスペイン1部昇格に貢献したジャマスは、日本で再起を図ることになりそうだ。『アス』紙によれば、長崎では週給2万5000ドル(約280万円)と必要に応じた家族の渡航費を受け取ることになるという。
    すでに主力として活躍し、かつてアラベスに在籍した経験もあるファンマや、Jリーグデビューが待たれるハイロ・モリージャスとともに、スペイン人トリオが長崎をJ1残留に導くか。

    7/30(月) 23:05配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00283570-footballc-socc


    【<V・ファーレン長崎>3人目のスペイン人選手獲得へ!アラベス退団のMFセルヒオ・リャマス加入か】の続きを読む

    Egg ★ 2018/07/30(月) 06:01:36.15
    サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が29日放送のフジ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演。コンピューターゲームなどに登場する自身のキャラクターの能力値に疑問を持つファンから“クレーム”が多数届く悩みを打ち明けた。

     番組では「eスポーツ」の話題となり、サッカーゲームなども盛り上がりを見せていることが紹介された。ゲームをするのか尋ねられた宇佐美は「オンラインゲームとか。最近はあまりやってませんけど」と答えたが、それ以上に気になることがあるという。

     実在の選手が登場するサッカーゲームの中で、宇佐美の能力値が高めに設定されているという。これに疑問を覚える一部ファンから“クレーム”が届くらしい。「海外のファンは主張がはっきりしているので、僕のインスタグラムに貼り付けてくるんですよ。こんな顔文字を」と“疑問顔”が投稿されることを明かした。

     これらの厄介な攻撃に関しては「即行でブロックしてやりますよ」と、見事に対応している様子だ

    7/29(日) 23:35配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000152-dal-socc

    写真



    【サッカー】<宇佐美貴史>W杯での本田圭佑の意外な姿を暴露!「ケイスケ君、もうこんな感じでした」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532866018/


    【<宇佐美貴史>ゲームでの能力値に疑問持つファンから“クレーム”も「即行でブロック」】の続きを読む

    Egg ★ 2018/07/26(木) 05:48:32.58
    日曜日のJ1リーグ16節、ヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレ戦で途中出場し、日本デビューを飾ったアンドレス・イニエスタ。チームは0−3の完敗を喫したものの、いきなり妙技を見せてファンの度肝を抜くなど、短い時間ながら鮮烈なインパクトを残した。
     
     オフを挟んで迎えた7月25日、チームは本拠地のノエビアスタジアム神戸でファンサービスを兼ねた公開練習を行なった。生でイニエスタを、しかも間近で拝めるとあって、平日の昼にも関わらずスタンドには1000人近いファンが駆け付けた。イニエスタは練習後も丁寧にサインに応じるなど、流石の立ち回りを見せていた。


    【画像】日本での新生活を満喫中のイニエスタ。いあゆるゲーセンで「マリオカート」にチャレンジ!
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/0/e/0e250a77413c6692c03fc4ba355d2eb2_1532549155.webp?v=1532549406
     

     おそらくは、その後だろう。イニエスタは自身のインスタグラム「ストーリーズ」にひとつの画像を掲載した。なんと神戸市内のゲームセンターを友人と訪れたようで、満面の笑みでセルフィーに収まっている。普段からゲーム好きで知られるワールドクラスが選んだのは、こちらも世界的な大人気を誇る名作『マリオカート』だった。

     
     かつてイニエスタはクラブワールドカップで来日した際、ひとりで東京メトロに乗車し、満員電車に揺られたという。「誰も僕には気づかなかったよ」と回顧したが、今回も黒キャップを被っての登場で、無精ひげがそこそこ伸びている。よほど注意していないと本人とは分からないかも……。ある日サッカーゲームで見知らぬ人と対戦し、凄い腕前でどんな人物だろうと覗いてみたらイニエスタだった! というストーリーが生まれるかもしれない。
     
     いずれにせよ、猛暑が続くなかで、日本での新生活をエンジョイしている様子だ。

    7/26(木) 5:09 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180726-00044576-sdigestw-socc


    【<イニエスタ>神戸市内のゲーセンに登場! 真のワールドクラスが選択したのは世界的な大人気を誇る名作『マリオカート』】の続きを読む

    このページのトップヘ